ろりぽっぷ泉中央南園
園の思い
田植えの写真

子どもの心を大切に育てます

 お散歩に出かけると「せんせい、タンポポが嬉しいって笑っているね」「葉っぱがダンスしているみたい(風に舞う様子を見て)」などと、子どもたちのつぶやきが聞こえます。毎日の園生活の体験の中で心で感じ取ることがたくさんある子どもたちです。

 子どもが生まれながらに持っている美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな感情、そんな「感性」を大切にしていきたいと想っています。

 ろりぽっぷ泉中央南園は自然がたくさんある恵まれた環境の中にあります。子どもたちといっしょに鳥のさえずりに耳を傾けたり、流れる雲を見上げたり、風の音を聞くこともあります。また、お散歩に出かけた家の庭先にたわわに実った緑色のブドウがある風景を楽しみ、やがて紫色に色づいたことに気づき「ねぇ、せんせい。お日さまがにこにこしたからブドウも嬉しいって言ってるね」と、つぶやく子どもたちの心を大切に見守っていける保育をしていきたいと想っております。

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではありませんものね。



子ども達

手をつないであげようと想ったの
~他者(友だち)の想いに気づき共感できる子

 ある朝、偶然 目にした出来事です。

 登園後、身支度を整え園を出ようとした母親の姿を泣きながら追っている4歳児Aくんの姿がありました。Aくんの隣には担任の保育者がいてしっかりと手を握り締めてあげています。大好きなお母さんと別れるのが悲しいのです。
 するとそこへ5歳児Sくんがやって来てAくんのそばに寄り添いました。私が「どうしてSくんは、ここ(玄関)に来たの?」と声をかけると「だってね、Aくんはお母さんとバイバイするのが寂しいから手をつないであげようと思ったの」と言う優しい答えが返ってきたのです。とても胸が温かく涙がこぼれそうになりました。

料理の写真

 子どもは特定の保育者などへの安心感を基盤にして、徐々に人間関係を広げていきます。保育園生活を過ごす中で、友だちの存在を認め、同じものを見つめたり、同じ遊具を手にしたりしながら、友だちに手を伸ばしたり笑い合ったりするものです。
 友だちとの関わりが増えるにつれて、友だちの様子を観察したり、また友だちのすることに関心を持ったり、刺激を受けながら幅を広げていきます。

 こうした人間関係の広がりと深まりの基盤となるのは、子どもたちが保育者や他者(友だち)に受け入れられているという安心感や信頼感が心を育む大切なことだと、しみじみ感じたひとときでした。優しい保育者と優しい子どもたちに囲まれ、幸せな毎日を過ごさせていただいていることに感謝の気持ちでいっぱいです。



佐藤眞弓園長

大切な子どもたちのために ~保育者として~

  • 子どものつぶやきに耳を傾けよう
  • 子どもの目の高さになろう
  • 型にはめない保育をしよう(画一化を防ごう)
  • いきいき(熱中)した状態を大切にしよう
  • たくさんの失敗ができるところにしよう
  • 「本物のもつ力」を大切にしよう
  • 経験の枠を拡げるために、園外にも大いに目を向けよう。
  • 地域の人との出会いをつくろう
  • 結果を急ぐな、じっくり待とう
  • 保育とは何なのかを、常に思考し続けよう
  • 子どもと関わることで、親は親になっていく。親(保護者)といっしょに子どもの学びと育ちを支え、その喜びなどを共に語り合い、共に学び合い「育ち合いの保育」を深めよう
  • 感動体質になろう

わたしたち保育者は、いつもこのような心構えで子ども達と一緒に過ごしております。

学校法人ろりぽっぷ学園 ろりぽっぷ泉中央南園
園長  佐藤 眞弓